砂漠のオベリスクとその内容

原神

この記事はver3.3までの情報を元に書かれています

プライマルオベリスクとは?

プライマルオベリスク(元能尖碑)は砂漠に落ちているヒエログリフタブレットを集めると解読できるようになる。全10か所、計60個必要。オベリスクに触れるとマークされるので思ったよりは探しやすい。

上げた腕、王権、危険、巨蛇、祭祀、砂丘、耳殻、樹木、砂嵐、谷、槌、鳥の頭、羊の頭、日の出、雷霆、労働、ワニの頭の計17種類もある。1個だけしかないのもあるので探しているときになかなか解放できない…と思ったことが多いと思う。象形になっている。

すべてを集めるとアチーブメント「有能な考古学者」が手に入る。

プライマルオベリスクとその内容

聖顕殿エリア

ティナル人の国トゥライトゥーラの歴史について書かれている。
若き新王と摂政王妃マカイラ 
?は叔父の相国(廷臣の最高職)バラシュに譲位
ゴーラツはファラマーツを擁立(し、バラシュを討つ?)
ゴーラツはマカイラとの共同摂政をはじめ、ファラマーツが追放される
高官による反乱、ゴーラツが討たれ、ファラマーツが再び王位に
戦争が起きる
ファラマーツが再び王位につく
奴隷と市民が手を組み、ファラーマツが「?」を雨林へ追放

「?」はもしかしたらズムルトでは?
ムザファールを破ったのはファラマーツ説
→時系列が合わない
「老いた王バッダナー」(⑨、⑩のバッダナーと同一人物?)とあることからトゥライトゥーラはこの都市国家の中では最後の方だと思われる

(補足)マカイラの水色
側室マカイラが若い王子と組んで暴君を討つ話(ゴーラツ?)

(補足)サイフォスの月明かり
トゥライトゥーラのサイフォスという名の戦士
双刃の長剣を操る
彼の剣には残忍でひねくれもののジンニーが宿っていた
異国より亡命してきた浪客に敗れるズムルト?)
サイフォスの守護を失ったサファイア城は急速に衰退し滅びた

(補足)千種の花園(サファイアの都)

(補足)ジンニー

スメールに存在する精霊の類
花神によって誕生した。
ドリーのランプから出てくるのもジンニーの一つ。ちなみにジンニーの所有者はあまりよくない末路を辿っているようだ(オルマズド、キスラ、サイフォスなど)。

(補足)トゥライトゥーラの記憶
トゥライトゥーラは花神のお気に入りであったらしい
サイフォスの剣に宿っていたジンニーのサイフォスへの思い?
そして踊り子マカイラの復讐
「もう一人の放浪していた王子」とは誰なのか? 
 

透明遺跡(地上)

ムザファール(デイズ)の業績をたたえる碑
二十九デイズの都・)港の城オルガナの王
ベイテーラハを落とし、城主ナルシュを殺す
征服地の民を奴隷として売り渡す
…ナシュルの娘ナジーラは誰か?ベイテーラハとはどこか?

(補足)二十九オーシャンデイズ連盟

かつてオルモス港の海賊たちの首領がつくった同盟。学者ファラナーゼ(因論派)によると前代未聞の海獣が巨大な波を起こして一夜で滅んでしまったらしい。一方で、内紛で滅びたという話もある。盟主のことを「デイズ」と呼んでいた。この「連盟」とムザファールの関係は不明。

霊廟西(「点滅する部品」で入れる部屋)

キングデシェレトの霊廟で最も秘められた部屋とされている

ジュラバトに関する話
■■■王
ムザファール(デイズ)をジュラバトへ招待したが、彼は途中で略奪・惨殺を行う
■■■王は弟と同盟を組み(ムザファールと戦う?)

ムザファールはサリブ・ドーレイ王に勝利
ジュラバトを燃やす
(ムザファールは)ジュラバトを棄て、オルガナに戻らず新都を建てる

(補足) 諸王の都の始まり
オルマズドは赤砂の王(アフマル)と契約する
ジンニーのリルパァールと愛し合う
凡人の国の王となる
ジュラバドは黒き大疫ののちに滅び、赤砂の主も自己破滅の一途をたどった
凡人たちは七つの国に分かれた(そのうちの一つがトゥライトゥーラ)

(補足)『シェロイとシリンの物語』 
ジュラバドに関する詳しい資料
シェロイ
父パーヴェズラヴァン(キスラ
初代オルマズド(シャー)の養子となる
養子として「パーヴェズ」という名を授かり、藩王の娘シリンを妻に迎えた
シリンは凡人の藩王と精霊「睡蓮の娘」リルファルの間に生まれた混血で優れた知恵と無限の寿命をもつ

ある呪われた日、オズマルドとその跡継ぎ三百人が一夜にして死んだ
キスラは王位を継承する
「ラヴァン」の名を得て、凡人の中で最も強大な藩王となった

リルファルの予言
1 シリンは偉大な英雄と恋に落ち、その子供は父より優れた者になること
2 シリンの血縁者の多くが甘い結末を迎えること
3 シリンが父親の王国を独占すること

マザンダランオアシスの術師、文盲のファッラーヒーンの奴隷が、サソリの毒を垂らし、藩王オルマズドと三百人の跡継ぎに渡した。

パーヴェズラヴァンの息子シェロイは父王よりジュラバドを追放される
シリンはシェロイを唆してパーヴェズラヴァンを殺させる(黄銅色の仮面、赤砂の檻?)
シェロイは王位に就く
大地の深く黒い裂け目に落ちて姿を消した。その後、疫病が裂け目から這い上がり、ジュラバドの人口の半分を呑み込んだ。

ちなみに「トトメス」のアジトの合言葉が「パーヴェズラヴァン」だった。何か関連があるのかもしれない。

(補足)赤砂の檻

祝祭殿

フマーユーン・グルカン王
 ジンニーの乱で命を落とす
 首はサレハの都に晒される
 死後、三十もの王国が分立
ガルサスプムアザムハガン
 すべてのハガンの大ハガンとなった
 ジュラバトを廃し、…を都とした
 ガルサスプの死後、都は火に包まれ、民はトゥライトゥーラへと移った
 

キングデシェレトの霊廟

何百、何千という王を自称する者がいる
ジュラバド崩壊後の話
「我が王は一人追放され、雨林の国に身を隠した」
「盲目の子孫」
ある王によって両目をえぐられ、また別の王を迎え入れた哀れな老いた父がここにて示す」
大地の境界にアアルという新しい住処を作った

冥途殿前

ムザファールの子「緑の王」ズムルトの夢について
彼は森の地で育ち、砂漠の文字を知らない。砂漠を森にしようとした

(補足)彷徨える星
「王国を失った流浪の王子」が白弓の女狩人に追われる
この白弓の女狩人は「狩人の道」に出てくる女狩人と同じだと思われる
伝説のリシュポラン虎の話も出てくる

なんで、この「王子」がズムルトだと思ったのかは、森に執着しているところから
ムザファールは恐らく何らかの形で命を落とした(上のデイズの事件とも関係がありそうだが、彼はオルガナに戻らなかったとあるので違うと思う。)
ファラマーツに討たれた可能性を指摘する(①参照)。

秘儀聖殿南

サムード人の都・)琥珀金の勇士の城サレハ
「金の目を持つ剣闘士サムード」
トゥランハガンによって統治されてた(④に逆賊、悪人と書かれている)

ちなみにサムードオアシスというのがあるのでサレハはその周辺にあったと思われる。

(補足)赤砂の廃城

地上

グーダルツ=サリブ・ドーレイ王
七大高塔の民に帰還を命じたとのことから
オルマズド→パーヴェズラヴァン(キスラ)→シェロイ→…→ガルサスプ(④?)→…→グーダルツ(サリブ・ドーレイ王、「蒼暮細雨」と呼ばれる平和な時代)→ムザファールによる侵略 (?)
ムザファールとサリブ・ドーレイ王が盟約を結んだことが記される(③の前史)

「トトメス」のアジト

「緑の王」ズムルトには99人の子供(50人の王子と49人の姫)がいた
ムーズディン(最も賢明、巨人のような体つき)
バッダナー(ムーズディンに協力)
 二人で砂漠を森にしようとしていた
ハムザッダスータン(最も美しい)

捨身の道の御殿

「緑の王」ズムルトの子バッダナーの統治を賛美する内容
バッダナーとムーズディンが仲違いしたことが伺われる
ズムルトの死後、九十九の王国が分立したことが伺われる

キングデシェレトの霊廟は誰がつくったのか?
 まさか本人じゃあるまいし…
 マハールッカデヴァータがつくったのだろうか

七つの高塔
 3つくらいしか見当たらない

ManQ

原神も3年目となり新しい楽しみ方を探すべくブログを始める。
ストーリーのテキストをじっくり拾って読むのにはまってます。
神話は詳しくないので頑張って調べてます。

ManQをフォローする
原神
シェアする

コメント

タイトルとURLをコピーしました